車買い取りはアップルが一番 2014年2月25日 at 4:51 PM

転勤を機に車を手放そうと思い、査定サイトに登録しました。
査定サイトに登録するや否や電話の嵐です(笑)そのなかで真っ先に連絡があったのがガリバーさんでした。
いち早く連絡を下さるとは好感もてましたが、とにかく出張見積りor来店、の一点張りでした。

僕はなんとなくの相場を聞いてから詳しい査定をお願いしたいと思っていたのですが、とにかく来てくれ!と押しが強かったです。
お断りを入れたのですが次の日から毎日のように電話がなり最悪でした。
その点アップルさんは非常に対応がマッチしていました。

電話で伝えた車の状況でメールで金額をもらえ、来店してもいいなという気分になりました。
実際に来店してからの査定の時間はスムーズで、わずわわしい説明やいい加減な言い回しなどがなく、気持ちの良い対応をしていただきました。
個人的に、担当者とコミュニケーションがとりやすかったのも気に入りました。

インターネットで査定依頼してからすぐに電話がかかってきたのにビックリしましたが、やはりやりすぎない誠実な対応が好まれると思います。
その時に見たサイトはこちらです。
中古車買取ならこちら
アップルの他にも大手の中古車買取業者も登録されているので嬉しい!

アップルさんの希望に応じてくれる接客対応と迅速な査定時間の提供には大満足です。
愛車と別れるのは寂しいけれど、お財布には嬉しい金額で大満足です!

5年と少し乗っていたムーヴを売りました

半年くらい前の話になりますけど、5年と少しくらい乗っていたムーヴを売りました。
夫が一度くらいは普通車を所有してみたいと言ったからです。
取り敢えず1社のみでは決めないほうが良いと、父親からアドバイスを受けていましたので、近くにある中古車業者を3社ほど回りました。

持ち込みで査定をしてもらったのですが、あとで聞いたら実は出張査定もしてもらえるんですね。
でもまあ、出張査定だと買取り業者側に人件費などが発生するので、それが発生しない分、店頭でのほうが値段を頑張ってくれそうな気もしますし、これで良しと思うことにします。
それで話は戻りますけど、3社に査定してもらったんですが、困ったのは、「いくらで買い取り希望ですか」と質問してくる業者が2つもあった点です。

こちらは素人で相場などよく分からないので、迂闊な価格は言いたくないのが本音ですからね。
しかもそのうち1社はこちらが言葉を濁しても、しつこく確認してきましたし、先に他の2社に査定をしてもらっていたので、他の2社の査定額を聞きだそうと必死でした。
何となく嫌な気持ちになったので、適当に言ってそこからは結局価格を聞かずに切り上げました。

そして、あまり交渉事などは苦手なので、すんなり価格を提示してくれた上に1つめの業者よりも高値だった2つめの業者に買取りしてもらいました。

アウトドアーと四輪駆動車 2014年4月10日 at 2:31 AM

私は、アウトドアーが大好きです。
若い頃はニッサンのテラノに乗っていました。
スキー・釣りによく出かけていました。

スキーは毎週末日帰り、泊まりで出かけていました。
スキーといえば雪が付き物ですが、四駆に切り替えればなんの問題も無くスキー場に到着出来ました。
高速道路のチェーン規制、スキー場周辺の一般道、スキー場の駐車場と四駆の力で走破出来ました。

スタットレスを装着することで、ほぼ無敵な状況です。
特にスキー場周辺の一般道は、除雪がされていない道や山間部の道で四駆の威力が発揮されました。
ひどい時には、バンパーの高さまで雪が積もっていた事もありましたが、四駆+スタットレスで駐車場へ到着できました。

また、スキーには複数人で出かけていたので、居住性・荷物の収納性も問われますが、テラノは非常に快適でした。
また釣りに行く時は、釣行の場所によっては川岸まで車で入る事が必要な場合もありました。
そんな時は、急斜面を下りたり大きな石がゴロゴロとしている場所などを走破する必要がありましたが、テラノは問題なく付き合ってくれました。

通常の生活では必要性をあまり感じない四駆の機能ですが、アウトドアーには大変有効な機能です。

FIAT500 2014年3月14日 at 2:30 AM

私はまだ学生の身分ですので車を所有したことはありませんが、欲しいなと思う車は何台かあり、日々将来のこと、その車に乗っている自分を想像して楽しんでいます。
その一台がFIATの500シリーズです。
街中で駐車している車体を見たことがあるのですが、小ぶりでたまごのような見た目が可愛い欧州車らしいアウトテリアに、思わず立ち止まって見てしまいました。

僕が見たのはコンバーチブルのモデルでしたが、コマンシャルでは他のモデルも確認できます。
価格は国産車の同クラス(マーチなど)と比較すると倍近くしますが、動くだけでは物足りない、付加価値のある車に乗りたいと思っている自分には是非所有したい一台です。
家族を持った人が乗る車では決してない、独身時代の人生を楽しむ若い人に向けた車だと思います。

カラーバリエーションも豊富で、ポップな色はお洒落な女性に、マットブラックを選べば一転して男性に似合う姿を持つでしょう。
この車に乗れたなら、遠出するのではなく街を走りたいと思います。
この車は街が似合う車だから、最初に見たときのように。

想像がまた一つ膨らみます。

10年近く同じ車に乗っています 2014年2月19日 at 2:30 AM

もう10年近く同じ車に乗っているのですが不満も無く凄く満足をすることができています。
セダンのマークⅡに乗っているのですがとても安定して走る車ですししっかりとした車なので10年近く乗っているのに何の不具合も無いですし不満を感じることも無いので本当にいい車を買うことができたなと思っています。
車内は広くて気持ちがいいですし、安定感のある走りをするので運転をすることが気持ちがいいですし、人を乗せて走っている時も安心できます。

他の車に色々乗ったことがある訳では無いですがマークⅡは全てが標準以上の車だと感じています。
大きめの車なので存在感もありますしセダンは古臭いなんて言う人もいますが私は凄くカッコイイと思っています。
次に車を買う時もセダンを選びたいなと思うほどです。

残念なのがマークⅡは販売が終わってしまったので新しいモデルを買うことができないのです。
マークXが売られていますが少しデザインが違うので私はあまり興味を持つことができていません。
まだ乗ることができそうなので今乗っているマークⅡを大切にしていきたいなと思っています。

スポーツカーとしての貫録 2014年1月20日 at 2:56 PM

スポーツカーとしての貫録があるような車です。二人乗りでオープンカー。少しトップに載せている車のカラーが気になるのですが、ホワイトのカラーは似合っていると思います。
走りへのこだわりを持った車のようですが、アクセルを踏む瞬間を楽しめると書かれています。あまりスピードを出すことに抵抗がある私には厳しい車ですが、ドライブが好きな方、速さを全身で感じたい方には最適の車ですね。
オープンカーというのはどうなのでしょう。乗ったことがないので分かりませんが、オープンにして似合う車のデザインもあります。この車はオープンにしても違和感のないように作られているので、似合っていますね。
そしてなんといっても内装がかっこいいです。インテリアの一番最初にシートを持ってきているので、シートにこだわりを持った車に思えます。本革を使用しているとあって非常に座り心地が良さそうです。シートの色はタンが一番素敵に思えます。ホワイトにブラックでもいいですが、ここはタンのカラーを選ぶほうがいいと思います。内装の雰囲気にぴったりです。これは内装に合うように考えてこの色を選んだのかなと思いました。オープンカーですから、中も見られますよね。内装にもこだわっていて非常にいいと思います。